2019年7月18日木曜日

挑戦!

 以前から「蓮の花の撮影には何か工夫が欲しい。何とか葉っぱの艶々感や花の赤いラインの美しさを撮影したい。」と思っていた。
 「蓮の花は、豪華で大きいので誰が撮影しても、どんなカメラで撮影しても上手に撮影できたと勘違いさせる花である。」と、誰かの言葉か、何かの写真誌かに出ていたのか。
 なるほど、蓮の花を撮影している写真を見るとどれも同じように感じられる。
 先日、CANONから送られてくるメールに蓮の花の撮影について書かれていた。それは、露出を上げてシルキーに仕上げる方法であった。
 早速それを真似してみようと松山市の四国霊場46番札所「浄瑠璃寺」へ出かけた。
46番札所浄瑠璃寺 ご本尊は、「薬師如来」である。
プラス補正で撮影した。自分なりに納得している。
葉の葉脈や花のピンクのラインがうまく出たように感じる。
いろいろな補正値で撮影してみた。
被写体の場所によって補正値が変わってくるので難しい。
太陽の位置・明るさ・被写体の位置等、考える必要がある。
狙っていたらミツバチが飛んできた。ラッキー!!
葉っぱの中にある花を撮影するとうまくいった感じ。
ここまでプラスするとキツいかもしれない。
葉脈の美しさが際立つ感じがある。
白い花には、プラス補正では撮影できない。白飛びしてしまう。









2019年7月15日月曜日

花菖蒲の植え替え

 花菖蒲は、数年に一度植え替えをしてやると次の年から元気な花を咲かせてくれるのだそうだ。
 国指定名勝「天赦園」で花菖蒲の植え替えが行われた。今年花が咲いた時、職員が花の名前を書いたテープを付け、枯れた後同じ種類を集めて植え付けを行った。また、植える前には、畑に肥料を入れ土地の改良も行っている。
目印を使って上手に植え付けを行っている。
先は長いぞ~!と言いながらも頑張っている。
臀部に痛みを抱えている私には、できない作業である。
間隔を取りながら、ゆっくりと植え付けが行われる。
余れば、市民に還元される。
ゴールから見ると大変な作業だということが分かる。
この努力があるから来園者の目を楽しませてくれる。
翌日、完成した畑を撮影に行った。
見事な出来映えで来年が楽しみである。
天赦園の前にあるJ中から、余りの花菖蒲を取りに来られた。
「打てば響く、笛吹けば踊る」の姿勢が素晴らしい!!
J中は来年は、伊達の殿様が集めた花菖蒲の花で校内が華やかになることだろう。









2019年7月13日土曜日

久しぶり~!MYJ

 松山市の眼科を受診した後、MYJに寄ってみた。眼科では、瞳孔を広げての検査があるだろうと思っていたが今回はその検査がなかったので寄ることができた。
 MYJには寄れないかもしれないと思っていたが、一応カメラを積んでいたのでよかった。
 どこから撮影しようと悩んだが、最初南吉田第2公園から撮影することにした。しかし、どうもしっくり行かないので空港南公園に回った。今回は、これといったテーマを持っていなかったので離着陸する航空機を適当に撮影した。
本年9/20から開催される「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の特別塗装機
使用機材は、E70だが雰囲気が違う。
JapanTeamには、頑張って欲しい!
同じE70だが、ラッピングがあるとないとでは雰囲気が大きく違う。
後方は、SHA行き中国東方航空のA319である。

NRT行きのJetsterA320
空港南公園からの離陸の撮影は、距離があるのと入れたくない物があるので難しい。

A320ファミリーのA319であるが、短胴型として作られている。
かなりトリミングしている。

工場群とのコラボが、MYJの特徴だと思う。
夜間の撮影ができていないので、今年の冬は頑張って撮影したい。
スタート直後なのでスピードが余り出ていない。いい流し撮りになっていない。







2019年7月9日火曜日

谷本コレクション

 先日、どこかのTVでこの場所を取り上げていた。JR八幡浜駅から港の方に曲がって直ぐの所、右側にびり鯛かまぼこで有名な「谷本蒲鉾店」があり、その手前に「メセナドライブ」という建物がある。
 その建物は「谷本蒲鉾」が、蒲鉾づくりの体験をするために建てたもののようだ。そのスペースの奥に飛行機の父「二宮忠八」翁の考案した烏型飛行器が展示してあり、その横に大小多くのプレーンモデルが展示してある。
 凄い数のプレーンモデルである。飛行機好きなら垂涎の的である。椅子に腰掛けてじっくりと見たい場所である。(見学は、無料である。)
忠八翁の「烏型飛行器」
どれを見ても喉から手が出る感じ・・。
大きなヘリも展示してある。機種等回転翼機は、よく分からない。

ANAの傘下のグループ会社が所有していたボンちゃん。
今はなき、「日本エアーシステム」カラー 好きなデザインである。
MRJ改め「三菱スペースジェット」 いつになったら日本の空を飛ぶのだろう。
「記憶にありません。」等で有名になったロッキード事件の飛行機「L-1011 トライスター」
国内の航空会社が全て手放した B747-400

羽田空港国際線ターミナル5階のTOKYO POP TOWNと

お祭り広場、展望デッキをつなぐ通路スペースに、

パネルや航空会社のモデルプレーンを展示してある。









2019年7月5日金曜日

八幡浜市千丈

 昨年も撮影に行ったのですが、終わっていて花が凄いことになっていたので撮影が出来なかった。
 今年は、早めに撮影に行ったのですが、終わりかけていて額の色が抜け気味になっていた。しかし、良いところで切り取れば何とかなるかなと思いシャッターを押した。
 本来は、「伊予灘ものがたりを入れて撮影を」と思っていたが、伊予灘ものがたりは次週からの運行だったので、普通の特急を入れて撮影した。
 鬼が笑うが、来年は一番良い状態の時に狙ってみたい。
花の色が抜け始めていた
ここの紫陽花は、ソロプチにスト八幡浜のメンバーが植えたものらしい。
イベント列車ならゆっくりと走ってくれるのだが・・・。
何のためにあるのか、線路横に一本棒がたっている。


その棒が、邪魔をする。オイオイ!
あ~っという間に去って行った。
撮影場所を移動しても棒が邪魔をする。






2019年7月2日火曜日

二度目の稲積

 もう良い頃だろうと思って二人と一匹で出かけてみた。
 花は良い状態だが、花数が少ない。天候のせいなのかもしれない。裏年なのかもしれない。
昨年よりブルーな花が少ない感じがする。
絶対的に花数が少ない。
咲いている所には、いろんな花がある。やはり雨が少ないのが原因なのか?
白色が目立つ気がする。
やはり、紫陽花は紫がいい。
顔出し不可なので・・。
山紫陽花も同じ傾向である。
この山紫陽花は元気が良い。