2015年4月22日水曜日

石城のマンモス

 大洲市平野日浦のツツジの花が落下して、ピンクの絨毯になっているだろうと、勇んで出かけて行った。しかし、ほとんどの花が落下し無残な姿になっていた。枝に残っている花も痛んでおり、撮影に来られていた方も「遅かったか~!」と一言残して帰って行かれた。
 このまま帰るのも能がないと思い、西予市石城のレンゲ&マンモスを撮影に向かった。5月開催のれんげ祭りの準備が盛んに行われていた。
 マンモスの骨格は金属で作ってあるが、稲わらを上手に組み上げて作ってある。大昔、この地にマンモスがいたかどうかは知らないが、この様に親子or夫婦で歩いていたのだろうなと思わせる迫力である。それにしても、マンモスの目がとても可愛くて、思わず微笑んでしまう。
 
田園風景とマッチしている。さすが、米どころ!!
親子なのか、夫婦なのか分からないが・・・。微笑まし~っ!!
時刻表を見てなかったが、GoodTimingであった。
わらぐろとのコラボもばっちり!!
踏切の警報音が鳴るので、じっくりカメラを構えることができる。
年のせいか、こんな風景が大好きである。
冬枯れの中のわらぐろとは違うな~っ。

4 件のコメント:

  1. いつですか?レンゲまつりは.以前は確か4/29の祭日に開催していたように記憶していますが、、、.
    マンモス君は良いですねーーー!良い被写体で、笑隆さんも嬉しそうですね.
    わらぐろはよく登っては崩し掛けて、叱られましたね、、、.
    冬場は、わらを叩いて、ホゴや筵を作っていたような?朧気な記憶.
    貧しかったんだろうなーーー!(今も余り変わりはしませんが、、、)
    何とはなしに、「幸せ」だったような気がします.

    返信削除
    返信
    1. kmhe00様 ありがとうございます。
       宇和れんげまつりは、kmhe00様が言われるよ4/29 9:00からでした。私の勘違いでした。ごめんなさいm(_ _)m
       そうですね~。わらぐろの中のわらを抜いて中に秘密基地を作った思い出があります。我が家もしがない国鉄職員でしたから貧しい家庭でした。しかし、何となく幸せで、楽しかったように感じました。やはり、精神的に幸福感があると幸せなのでしょうね。

      削除
  2. そういやあ、秋に稲刈りのあと、田んぼで遊びましたね。冬枯れから春の息吹、レンゲまで田んぼは一休み・・・良い季節ですね。いつも書くことですが、イベントは続けること。どこかの市に見習ってもらいたいですね。レンゲ祭りは29日定番ですね。日本一大規模な餅つきもあります。昨年行ったときには済んでいました。マンモス親子、良いですね。アンパンマン列車もよく待ちましたね。うわつさんの粘りが移ったかな?
    そういやあ、Facebookの表紙に誰か使っていたような・・・

    返信削除
    返信
    1. 伊達者様 ありがとうございます。
       秋の田んぼでの三角ベースは、日が暮れるまで一生懸命やりました。今では、やる子どももいませんし、やっていると地権者に怒られるしでできませんね。
       やはり理事者の理解と市民の意欲ですよね。れんげまつりも、至る所に簡易トイレも準備されていて準備万端整っている感じでした。29日は、多くの人出が見込まれるのでしょうね。「今、400年祭で宇和島が熱い」とならなければいけないのに、今一盛り上がりませんね。盛り上がっているのは、5/2のウォークだけですね。(笑)
       アンパンマン列車がタイミングよく来たのは、日浦がだめだったので神様のご褒美だったのでしょう。(^_^)v

      削除