2015年6月11日木曜日

二度目の泉谷棚田

 天気予報通り良い天気になり、「今日は、焼けるだろう。」と思い内子町五十崎にある泉谷棚田に走った。
 まだ、誰も来ていない。カメラを前回の設定と同じにして三脚に乗せスタンバイOK!!しかし、万が一のことを考えてもう一台も準備して2台で撮影することにした。準備が完了した頃、車で二人のカメラマン氏が来られた。その車から降りてこられた方は、何と「梶○先輩」とそのお友達の是○氏であった。「あれ~っ!ビックリです!」とあいさつをして、日の入りの時間まで色々なお話を聞かせていただいた。
 時間が経つにつれて雲が左から右に移動し、怪しい状況になってきた。先輩方も「だめかもしれんね!」とのこと。結局、焼けることはなく「あ~ぁっ」とため息をつく結果になった。
 一方、棚田は田植えも終わり、時間とともに「♫ 蛙の歌が聞こえてくるよ」状態になってきた。後ろ髪を引かれる思いで泉谷棚田を後にした。
 今年は、この棚田に何度も通うことになるだろう。

うわつさんのブログに出ていた樹林!!やっと見つけた(^_^)v
田植えも終わり苗が風に揺れていた。ノスタルジーを誘われる風景である。
米作りは、本当に大変だと感じる場面である。年配の女性が、杖をつきながら農作業中である。
男性も田の見回りをしていた。
水の管理が、一番大切である。
こんな小さな田でも米づくり!!
一番最初に右下の水路が焼けるそうだ。良い感じだったのだが・・・。
もう少し粘れば、ブルーモーメントが映り込むかなと思ったが・・・。

2 件のコメント:

  1. 美事な写真!PLフィルタを使っているのでしょうか?田んぼの面が鏡のごとく、まるで宝物のような気がします。焼けている溝もいい!人と田んぼの絡みも伊井構図です。最近、また特に進化しています。うらやましいですね・・・

    返信削除
    返信
    1. 伊達者様 ありがとうございます。
       もちろんPLフィルタも入れているのですが、十分に果を引き出すまでには至っていません。
       泉谷棚田という場所が、どこをとっても構図になる場所だと思います。後は、カメラの設定をどうするかだと思いますが、それがなかなか上手くいきません。

      削除