2015年6月29日月曜日

三原村星ヶ丘公園 3

 公園に着いたら何かバタバタしている。何かを撮影するらしい。TVカメラを準備している方に聞いても「何かあるって~?池に花はありますがね~・・・・。」と、はっきりとは言わない。『感じ悪~!!』と思い池に行くと、三原村の職員らしき方がいたので聞いてみると、「今からオオオニバスの葉っぱの上に子どもを乗せる。」ということであった。はっきり答えなかったのは、某高○TVのカメラマンだった。
 準備をして待っていると、「子どもは、少し熱があるですよ。」と言いながら一組の親子がやって来た。村内の幼稚園に通っている子どもらしい。
 会長さんは、「花が咲いているオオオニバスは、葉っぱに穴が開いているので止めよう。」と言われ、葉の直径が1mを超える別の株を指示されていた。
 オオオニバスには、鋭いとげがたくさんあるので十分に注意しながら抱きかかえて葉っぱに乗せた。見事に座ってポーズを決めた。
 浮かすための裏話があるが、それをここで書くのは「野暮」というものであろう。想像にお任せする。
議会の開会が迫っていると、焦っている村職員!!
会長さんが、うまく葉っぱの上に乗せた。お見事(^_^)v
笑顔が可愛い男の子である。体調の悪い中、頑張った。えらい!!
穴が開いているオオオニバスの葉っぱ。
モネの庭からやって来た青い睡蓮の株(葉っぱが、薄いそうだ。)
こちらは、青紫色の睡蓮(十分美しい。)

2 件のコメント:

  1. 良いときでしたね。シャッターはチャンスも大事・・・それに恵まれることは、風が吹いてきていますよ。雨の中の水車から、青い睡蓮にかけて・・・これから、これから・・・

    返信削除
    返信
    1. 鬼城様 ありがとうございます。
       シャッターチャンスは、突然に現れますね。その時に心の準備ができてれば良い写真が撮れるのでしょうね。
       先日、うわつさんが、「構図が60%」と言われていました。どのように切り取る構図が一番良いのか、もっと考えないと良い写真にはならないと痛感しました。また、プロは、撮す前に出来上がりの構図が見えていると言われていました。
       これからは、むやみにシャッターを切らないで、構図を考えながらシャッターを切るように努力したいと思います。

      削除