2015年7月27日月曜日

宇和島の夕暮れ

 うわじま牛鬼まつりの花火を撮影するため、一宮様上の愛宕公園展望台に上って撮影準備をしていた。当日は、朝から降っていた雨も午前中にあがり、空気が澄んでいたのと雲の流れがよかったので「焼けるかも・・。」と思っていたら、期待通りの夕焼けを見ることができた。
 滅多に愛宕山に登ることはないが、千載一遇のチャンスと思いシャッターを押した。

中央の山の頂上に三崎半島にある発電用風車が見える。
次第に焼けてきた~。
宇和島城もシルエット 自然の造形にはかなわない。
夕焼けも一瞬の間に終わってしまった。
空が次第にブルーモーメントになり、天守閣がライトアップされた。

6 件のコメント:

  1. 良いですね!!!
    個人的にはこのような写真が大好きです.
    タイミングと場所と写真力?が勝負でしょうか?
    立ち止まってくれないものを切り取る事が写真の使命でしょうか!
    良いです!!

    返信削除
    返信
    1. kmhe00様 ありがとうございます。
       「そこに行かなければ」「その時にいなければ」など、写真というのは偶然の産物かもしれませんね。
      ただ、実績や経験を積んでいる方は、そこをイメージしてじっと待ち続ける。だから、素晴らしい作品ができるのでしょうね。私には、なかなかできないことです。

      削除
  2. 良い写真を撮ることが出来ましたね。ほとんど毎日、散歩に行くのですが、これだけ待つのが苦痛で、通過です。「うわつ」さんには宇和島湾が、真っ赤に焼けると教えてはもらっているのですが・・・夕闇の宇和島、すばらしい写真です。

    返信削除
    返信
    1. 伊達者様 ありがとうございます。
       私も三十数年ぶりに宇和島の綺麗な夕焼けを見ることができました。自然の造形美というのは、いつまで見ていても飽きないものですね。
       文句を言うなら「愛宕公園の環境整備をしっかりしてほしい。」ということです。「うわつ」さんが、市に掛け合って展望が開けるように周囲の樹木を切ってもらったそうですが、登山道も含めてもう少し手を入れてほしいですね。

      削除
  3. 最後の写真が私は好きです。黄昏時の空の色の微妙な変化にシンボリックなお城の下に広がる箱庭のような夜景、背景に島並も見えてこれぞ宇和島という感じがよく出ています。

    返信削除
    返信
    1. kacchan様 ありがとうございます。
       冬のイルミネーションを撮影に行くとき、うわつさんから「日没後30分が、勝負だからね。」と教えていただきました。天気がよくて空気が澄んでいる日の30分間に現れる空の色が「ブルーモーメントとかブルーアワー・マジックアワー」と呼ばれるものなんだそうです。
       なかなか、遭遇できませんが、この日は午前中雨で、午後上がりましたから最高の条件になったのでしょうね。撮影できてよかったです。
       このブルーは、

      削除