2015年7月15日水曜日

ブルースカイ Touch-down

 空港南側海側に○和工業という会社がある。その入り口の前が、私の撮影ポイントの一つである。
 入り口のやや広いスペース(公道)に駐車をして、脚立を立てて撮影する。この日も当たり前のように撮影していたら、空港内の道路を巡回していた警備会社の車が止まり、「空港フェンスから2m以内は、駐車禁止です。また、脚立は撮影していない時は、2m以上離してください。」と指摘を受けた。「これは、法律で決まっているのですか。?」と、聞くと「規則で決まっている。」とのこと。
 仕方がないので、脚立から降りようとして、心の動揺があったのか2段目を踏み外し、下に落ちてしまった。今でも左足首の前側の所が腫れている。
 そういえば、車を2m以上離し脚立を出し入れしながら撮影している方がいる。きちっと決まりを守って撮影している。規則を知らなかったとはいえ、見習わなければいけない。

ANA B-767 東京便は、この機材とB-787・B-737の機材を使うことが多い。
小型機の主力機材になっているボンバルディアDHC8-Q400
これもボンバルディアDHC8-Q400 大阪空港エプロンの地上スタッフは「ダッシュエイト」と呼んでいる。
DHC8-Q400だが、このカラーリングを「エコボン」と呼んでいる。
「エコボン」は“Eco”と“Bon Voyage(フランス語で「よい旅を!」)”を合わせた言葉。ANAグループの運航会社「ANAウイングス」の機材。
最近のお気に入り機材 B-787-800 利用客の多い時間に投入されている。
非常に高い積乱雲が出ていた。

4 件のコメント:

  1. 厳しさの中での撮影、ご苦労様です・・・待つ時間、構図を探す時間、撮影情報を探す時間など私はとうてい無理な話・・・ただシャッターを切る人だから・・・言い言葉で言えば「報道カメラマン」、悪く言えば「行き当たりばったりのど素人」(爆) けがが心配です。大丈夫ですか?それにしても帰省があるとは知りませんよね。テロ対策か、さてさて・・・入道雲と飛行機、いい構図です。

    返信削除
  2. 伊達者様 ありがとうございます。
     私もただシャッターを切るだけですよ。一歩でも「うわつさん」に近づきたいと思っているだけです。やはり、「粘り」がないとだめですね・
     打ち身になった所が、まだ痛いです。妻が、湿布でも貼ったら?と言っています。
     やはり空港や港湾は、しっかりしたセキュリティーがなされていないと心配ですね。最近は、鉄道だって安心できませんからね。
    私は、「豚もおだてりゃ木に登る」タイプの人間ですから、褒められると次の意欲につながります。頑張ります。

    返信削除
  3. 青空がとても似合いますねーーー飛行機が映えますね!
    好きな(飛行機が)ものを見つめる(写す)、笑隆さんの嬉しそうな顔が映っていますよ!
    豪農様の「孫」を見つめる姿とダブります!
    ずーーーっと見ていたいな-ーーーって映っています!

    返信削除
    返信
    1. kmhe00様 ありがとうございます。
       やはり船とか飛行機は、青が似合いますよね。夏色の空に希望を乗せて飛び立つ飛行機は、とても素敵に見えます。
       近ければ、毎日空港に通うのですがね~。やはり、「おたく」ですね。(^ヘ^)v
       

      削除