2015年8月20日木曜日

今年も作った。

 先日、内子町の道の駅「からり」でブルーベリーを買ってきた。一口食べてみたが、甘みに乏しい。今年は、天候不順だから「あまり糖度が乗っていないのかもしれない」と我慢して食べていた。妻が、「ジャムにしたら?」というので、昨年のリベンジを兼ねてブルーベリージャムを作ることにした。
 昨年は、レシピ通りに煮込みに10分かけて作ったら堅くなったので、今年は早めに火を切り調整して作ることにした。
 レシピは、100gで作るようになっていたが、生ブルーベリーを計ったら200gあったので砂糖やレモン汁を倍にして作ろうと思ったが、少し控えめで作ることにした。
 前日に冷凍庫に入れ凍らせておくことが早く作るポイントとレシピに書いてあった。これは、凍らすことで3重になったブルーべりーの皮を簡単に破壊するためだそうだ。
 簡単レシピのおかげで10分以内でブルーベリージャムが完成した。
 火加減が難しく、レシピには「強火で10分」と書いてあるが、それを守ると大変なことになる。加熱する機材によっても熱量が違うので、後は経験の世界なのであろう。

材料の準備は、OK!!
グラニュー糖も少し控えめにした。
焦がさないようにゆっくり混ぜていく。

鍋の手前側が、少し焦げだしたので火を止めた。
本来は、ビンに詰めるのだが、どこにあるか分からないのでタッパーに入れた。
もちろん、煮沸消毒して入れた。
翌日の私の朝食!!なかなか美味しい!!

2 件のコメント:

  1. すご~い!いよいよシェフの仲間入りか?昨年の挑戦から、今年もこりもせず(笑い)・・・しかし、お見事でした。写眞といい、ジャムといい、粘り強いですね。この継続が「ぼけ」ないし、生きる力になる。お互い何にでも興味を持ち、長生きしましょう。

    返信削除
    返信
    1. 伊達者様 ありがとうございます。
       料理は、いけません。ネット頼りのにわかシェフです。(^^;)作るのは、いいのですが後始末が嫌いです。
       いろんなものに興味を示すことが、老化防止の一つだと思っているのですが、根がいい加減な性格ですから上達はありません。

      削除