2015年8月28日金曜日

薬師谷渓谷 1

 午前中、K先輩宅で写真の見方・撮影方法についての話を聞かしていただいた。その時、「滝撮影の復習を・・」と話をしたら、「薬師谷がいいよ。」と、言われたので15時過ぎに撮影に行った。
 何度か雪輪の滝まで行ったことがあるので、「上までそんなに時間はかからないだろう。」思って上がった。撮影しながら上がったのと年齢が行っていることを忘れていたので、かなりキツく時間がかかった。汗びっしょりになり、良い運動にはなった。

 今回、気がついたことがあった。それは、夕方になると自分の目の焦点を合わせにくくなっているのではないかということである。自分では、ファインダー越しにカメラのピントを合わせ撮影し、確認をするのだが、帰ってPCに取り込み写真を確認すると微妙にピントが合っていない写真が多い。AFにすると機械が勝手にピント合わせをやってくれるのだが、上手くいってないように感じる。やはり、目が疲れていない午前中に撮影に行った方が良いのかもしれない。

岩戸の滝
(この滝の下流で多くの家族連れが、水遊びを楽しんでした。)
水量も多く撮影場所も多いが、倒木や枝が落ちていて切り取りが難しい。
蛍光灯モードで撮影して、カラー調整をした。右側に倒木がある。
川岸に下りれば、良い構図があるがなかなか下りられない。
好きな構図である。
ISO感度を最大に上げて撮影してみた。
構図をどう作るかが、感性なんだろうな~。
落ちた枝が多いのでトリミングしてアップした。

2 件のコメント:

  1. 研究熱心ですね。日ごとに実力アップですね。私はダイヤルをいらわずにシャッターを切るだけですから・・・構図も適当です。(笑い)勉強をしっかりして、教えてください。(笑い)手抜きの骨頂ですね。岩戸の滝は本当に扉を開ける雰囲気ですね。

    返信削除
    返信
    1. 伊達者様 ありがとうございます。
       大変忙しい時間をお過ごしなのにブログを見ていただき、コメントまでいただき恐縮です。
       凝り性ではないのですが、「なぜか気になる」ということで、撮影に行っているだけです。「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」という具合です。
       やはり、師匠に教えていただくと、自分でも上手くなったような錯覚に陥りますが、まだまだ未熟さを露呈しています。何とか頑張りたいです。
       

      削除