2015年9月20日日曜日

雨の松山空港

 水煙の中を離着陸する飛行機を撮影したくて、雨の日を狙って松山空港へ出かけた。
 前日の夜、松山空港に電話して、松山空港最終到着便のANAの機材がボーイング787であることを確認した。そうすると、翌日のANAの始発便の機材が必然的にボーイング787になる。「朝早く起きて行くのであるから好きな機材を撮影したい。」と思うのは、自己満足の世界であるが至極当然なことである。(友人は、「物好きだ~。」というが・・・。)
 空港に着くと航空局の黄色い車が、滑走路を行ったり来たりして点検を行っている。それにしても、やけにカラスを含めた野鳥がたくさんいる。バードストライクにならなければ良いがと心配になった。また、空港内の消防車が仕業点検を盛んにしている。空の安全を守るため、朝早くから活動している方々に頭が下がる。
 
 カメラのレインカバーやカッパを用意して雨の日の撮影に備えたが、松山という所は雨の少ないところだろうか。空港に着いてしばらくすると雨が上がってしました。「何てっこったい~。」と思ったが、最初の2~3便は滑走路に溜まっている雨で水煙が上がるだろうと思い、最初の離着陸機に集中することにした。
前日から駐機していたのは4機!!
滑走路の点検をするため航空局の車が走っている。
この風景が、松山空港の特徴だとルーク・オザワ氏は言っている。
本日の始発便は、JAL430便羽田行き(機材は、ボーイング737) もう少し水煙が上がって欲しい所だが・・・。
第2便は、ANA582便羽田行き(機材はボーイング787)
次第に水煙は、上がらなくなった。
ボーイング777の後ろ姿!! フルフラップ状態!
逆噴射した際、排気が外側に出るので残っている水分が舞い上がった。
ターミナル側から流し撮りをしてみた。(1/60だと撮影ができるのだが・・。)
煙突の煙が左に流れているから通常はR32からの離陸となる。)
これも流し撮りだが、R14からの離陸だ。出発便が多かったのと風力が弱かったからのようだ。

2 件のコメント:

  1. 4,5枚目すばらしい。お宅の本領発揮ですね。また777の後ろ姿、いやお尻かな?失礼なと飛行機にしかられそうですが、定番の写眞、これも良い。好きこそ物の上手なれのたとえを地で行く、「笑隆で~す。」さん<(_ _)>

    返信削除
    返信
    1. 伊達者様 いつも見ていただきありがとうございます。
       天気が相手ですから思うようには行きませんが、ある程度イメージ通りに撮影ができたので、本降りの時には対応ができるだろうと思っています。
       平日の松山空港周辺は、交通量が多くて三脚を立てるのが怖い感じがします。日曜日に雨が降れば良いのですがね~。
       私などは、可愛いオタクですよ。チマチマと撮影していきたいと思っています。

      削除