2015年9月6日日曜日

伊予灘ものがたり(大洲編)

 私が、肱川の左岸にカメラを据えて準備していると、一人の撮り鉄さんが来られた。お話を聞くと長崎にお住まいで、今朝8時に出発して撮影に来られたそうだ。撮り鉄さんにとては、「伊予灘ものがたり」という列車は、垂涎の列車だそうだ。
 JR九州には豪華列車「七つ星」があるが、洗練されすぎておもしろさに欠ける。その点、この車輌は、何かノスタルジーをそそるものがあるそうだ。
 串駅近くでこの車輌を撮影し、車に飛び乗って大洲までやってきたそうだ。とてものんびり走っているので、こんな撮影ができるのだと言われた。
 ビール好きの方々は、乗ってビールの味や風景を楽しむ方が良いのだろうが、飲めない私は撮る方がいい。
 
 この列車は、音楽を流しながらチンタラ走ってくるのですぐ分かる。この鉄橋を渡り切るのにゆっくり撮影しても10枚はシャッターが切れる。
 また、この伊予灘ものがたりには、「道後編」「双海編」「八幡浜編」「大洲編」とあるのを知った。、松山~大洲間一往復、松山~八幡浜間一往復の4便である。それぞれに名前を付けて、物語としている。
 
今にも雨が落ちてきそうな天気だったので色が出ないな~。
鉄橋を渡りきる前にアップにしてみた。
列車のスピード感を出すため、遅いシャッタースピードで切った。
速いシャッタースピードで切り、列車を止めてみた。
田舎のローカル線には、一両の列車がよく似合う。




4 件のコメント:

  1. パワフルですね!東西南北空陸川瀧田圃棚田、、、、慌てないでも、時間はありますよ(笑)
    何かどんどんと深みに?嵌ってるような、喜んでしているような、、
    何とも羨ましい限りです.鬼北の豪農様までは行かなくとも、、、と言う所ですね.
    TVでも良く取り上げていますね「伊予灘物語」は.
    それこそ、私どもの幼少時はそちら(長浜経由)しか松山行きはなくて、時間がやたらと掛かったのに、今やわざわざ時間を掛けて金を掛けて通るという、、、贅沢ですね!
    シンプルライフにお金を掛ける....なんか変?じゃないのか?、、それも良しですね!

    返信削除
    返信
    1. kmhe00様 ありがとうございます。
       仰せの通り、次第に深みにはまっているような気もします。妻も「趣味なんだからリラックスして撮影したら」と言っています。
       撮影していると、「もう少し上手く綺麗に撮影できるのではないかな~。」「良い撮影ポイントはないかな。」と思っている自分がいます。急ぎすぎかもしれません。
       昔、長浜伊予間が土砂崩れ等で不通になり、大量の資金をつぎ込んで復旧作業をしていました。その予算で「内山線」ができるのにと内子の人間は話していました。本当に時間がかかりましたね~っ。

      削除
  2. 粘い!お疲れ様でした・・・捉えましたね。満足、満足と飲める人なら一杯という感じなんでしょうが・・・撮り鉄人気も分かる気がします。ノスタルジーですね。日本全体が懐古趣味・・
    kmhe00さんが言われるように贅沢になったんでしょうね。

    返信削除
    返信
    1. 伊達者様 ありがとうございます。
       生活自体が贅沢になり、時間をゆっくり使うようになったのですかね。私の所には、回ってこないようなのですがね。
       撮り鉄さんと初めてお話をして、「凄いんだ」ということを知りました。色々な所へ行って写真を撮りまくっているような感じです。また、列車の先頭に付いているヘッドマークにも色々な考え方があることが分かりました。
       撮り空さんももっと頑張らなければいけませんね。(^_^)v

      削除