2015年10月11日日曜日

コスモスと車

 ローカル線の列車の本数は少ない。待ち時間がたくさんある。色々なものを撮影しようと思っても、感性がないから何を撮影していいか分からない。
 仕方がないので設定をいろいろ変えて、通過する車を撮影した。帰宅して妻に見てもらったら「♫働くくるま~♫、じゃないんだから」と、指摘された。(^_^;)

黄色いコスモスが、一本もない。「これぞ!コ・ス・モ・ス」
コスモスに置きピンして!

少し早いシャッタースピードで!!
石城地区の穀倉地帯(赤色の車を待っていたのだが・・・)
納得の一枚
バイクは、排気音が小さいのでいきなりの撮影になる。
やっと赤系の車が来た~!桜の枝が、入った方が良いのか悪いのか・・・?

4 件のコメント:

  1. 近接撮影(コスモス)にストロボをたいてみたらどうでしょうか?
    さらに良くなりそうです。

    返信削除
    返信
    1. jiro fujiwara様 ありがとうございます。
       正午近くなると逆光気味になるので、ストロボを効果的に使うと良いかもしれませんね。
       今回カメラをやると決めて機材を購入しましたが、結構お金がかかります。知識がなかったのもありますが、三脚を3本買うことになりした。原因は、持っているレンズとの関係で、ぶれてしまうことが分かったためです。三脚だけでも10数万円かかるので厳しいです。
       腕前は遅々とした歩みですが、いろいろな方に「見ているよ」と言っていただけるのがモチベーションになっています。また、アドバイスをください。

      削除
  2. 研究熱心なのには頭が下がります。秋桜も背丈が高い方が絵になりますね。三間は矮性に入れ替えています。一時は200lのドラム缶何本か購入していたようですが、新市になって予算無しのようですから・・・

    返信削除
    返信
    1. 伊達者様 ありがとうございます。
       やはり、「コスモス」といえば、背が高く風に身を任せて 秋空の元揺れているのが良いですよね。小さいのは、それで良いのかもしれませんが・・・。ただ、黄色いコスモス(?)は、いただけませんね。
       何にでも首を突っ込みたくなるのですが、美に対する感性を磨いておけばよかったすね。残り7年が勝負です。

      削除