2015年11月22日日曜日

やっと見つけました。

 うわつさんやK原先輩が撮影していた、「水量が多くなると出てくる滝」の場所を教えていただいていたのだが、見つけることができていなかった。ところが、だんだんさんのブログを読み・写真を見てその場所が分かった。
 私が探していた場所は、マス養殖場に入る所にある支流にかかる小さな橋の下であった。全く違う所を探していた。ないはずであった。
 早速行かなければと、朝の家の仕事をキャンセルして滑床へ走った。 
 今回は、万年橋まで上がることはなかった。見ていると次から次へと車がやってくる。中には、観光バスも・・。しかし、すぐ降りてくる車も多い。「あれ、さっき上がって行った車だが、はや下りてきた。」というのもあった。やはり、万年橋付近の紅葉もダメだったのかなと車を見送った。

探していた岩は、藤が生橋の下にあった。
かなり大きな岩で、水量が多い時にしか現れない滝!!
反対側に渡ろうと試みたが、カメラを持っては危ないので止めた。
紅葉は、期待できないので落ち葉を入れてみた。
その2 (この撮影ポイントは、素晴らしい!!)






2 件のコメント:

  1. これが噂の・・・良かったですね。紅葉の残り葉とのコラボ、良いですよ。水量も手頃で良いときに行きましたね。撮影ポイントが増えましたね。

    返信削除
    返信
    1. 伊達者様 ありがとうございます。
       このポイントは、とても面白いと思います。強い雨の後は、出現すると思いますよ。駐車も簡単にでき、川縁まで階段で降りられます。足場も比較的安定しています。
       最近、いろんな場所に撮影に行くのですが、シャッターを押してもワクワク感があまりありません。義務的にシャッターを押しているように感じています。できた作品も納得できるものはあまりありません。素人が、こんなことを言ってはいけませんが、何か目の前に見えない壁のようなものがあって前へ進めない感じがしています。

      削除