2016年9月23日金曜日

上光満彼岸花

 桜がたくさん植わっている所で構図の作り方を教えてもらった。頭では理解できるのだが、実際にはその通りにはできない。とてももどかしい。(;_;)
 良い場所を見つける所からできない。百所百景だからどこが良いのか分からない。
 また、どれを引き算するのか、どれだけ引き算すれば構図になるのか。も~っ難しい~!
 超ベテランの先輩は、同じ場所で何カットも撮影されている。私は、そこまでしていない。だから、上手くならないのだと痛感した。
 そういえば、以前読んだ写真雑誌に「同じ場所で色々設定を変えて50枚(100枚だったか)撮影しなさい。」というのがあった。
私の感性で撮影するとこうなる。
指導を受けて撮影するとこうなる。(もう少しカメラを右に振ってミカンを入れた方が良いのかも)
主役と脇役が、はっきりしている。遊んでいる空間がない。
横位置で撮ったり!
縦位置で撮ったり!
車が、入るだけでも感じが変わってくる。
写真って、大変難しい!!

2 件のコメント:

  1. こんな山の仲に嫁ぐんだろうかとある人の奥様が言っていました。ほんと上がってみるとよくわかりますが・・・途中に何軒かの家があります。梅林口から登っていくとぱあっと開けたところに上光満が開けます。主に蜜柑農家ですが、景色、花々、良いところですね。

    返信削除
    返信
    1. 伊達者様 ありがとうございます。
       四季を通じて撮影するポイントがたくさんある場所ですよね。駐車スペースが、もう少しあると嬉しいのですがね~と、勝手なことを思っています。
       ここも高齢化が進み、空き家となる家や耕作放棄地も増えてくるのではないでしょうか。

      削除