2017年9月12日火曜日

高知龍馬空港

 天気予報で高知龍馬空港は、午後から雨の予報が出ていた。雨が降ると滑走路の温度が下がり、陽炎が立たなくなる。また、水煙を上げての離着陸が撮影できる。これは行かねばならないだろうと出かけてみた。
 ところが、一向に雨が降らない。雨雲レーダーで確認しても雨雲はない。16時頃から雷鳴が聞こえるようになり、17時30分ポロポロと雨が落ちた後空港近くに雷が落ちた。これはまずいと道具を持って車に駆け込んだ。直後、バケツをひっくり返したような雨が降り出し撮影どころではなくなった。「雨を期待したが、これほど降らなくてもいいのに・・。雷など望んでいないのに・・。」と思いながら怖くなって18時過ぎに撤収した。

 300枚近くの写真を撮影したが、見られる写真が一枚もなかった。
 最近、いろいろな方の飛行機の写真を見ることが多く目が少し肥えてきたのもあるが、自分が撮影しようと思っている構図づくりに、自分の技術が追いついていないことが最大の原因なのかもしれない。
 今回の撮影でCo-Pilot(コーパイロット:副操縦士)席に座っていたパイロットが、手を上げて挨拶してくれたことで救われたかな~と感じた。
B737の離陸 
陽炎が立ち機体がにじんでいる。
頭の真上を通り、滑走路に入っていく。
ここはまだ、草刈りが行われていない。
ボンバルディアQ4 タキシング中
手前の席が副操縦席、奥が機長席 二人ともこちらに視線を送ってくれている。
予定ではB767だったが、機材変更でA320になっていた。
もう少しくらくなると、滑走路等に埋め込んである電気が浮かび上がってくるのだが・・。
良い具合に機体がフレームに入ってくる。

2 件のコメント:

  1. なかなかのものですが、欲張りですね。3枚目などはすばらしい。重量感があります。宇和島も凄かったですよ。書斎の前、堀端通りの電柱に落ちました。火花が散り、炎が・・・消防自動車が来ました。山際の変電所辺りに落ちたのもあるかと聞いています。自然は怖い、ご注意を・・・

    返信削除
    返信
    1. 鬼城様 ありがとうございます。
       「撮れた!」と思ってPCに取り込んで見てみるとイメージとは違う写真になっていたりで思うように撮影できません。
       どうしても動きのある被写体は、難しいです。風景のように三脚立ててじっくり構えてシャッターが押せれば何とかなるような気がします。ただ、これはセンスが大きく作用するとは思いますが・・・。
       近くに雷が落ちたのですね。自然を甘く見ると痛い目に遭いますから十分気をつけないといけませんね。

      削除