2017年9月28日木曜日

今年最後?!

 宿毛市中心部から星ヶ丘公園まで30分程度、今シーズン最後の撮影に寄ってみた。午前中が開花時間帯だが、予定が狂ったので午後になってしまった。
 しかし、オオオニバスの純白の花が出迎えてくれた。この花は、2日間しか開花していない。二日目には根元の方からピンク色に染まってくる。連続してくることができないのでその色を撮影することはできない。
 睡蓮もまだまだ頑張っている。美しい花がそこかしこにある。10月に入ると花はなくなるそうだが・・。
 また、園内には秋の花の代表である「オミナエシ」が、今を盛りと咲いている。さらに彼岸花の咲き、黄色と赤色の競演が楽しめる。

 「四国八十八景プロジェクト」というのを知っているだろうか。
「四国らしさの感じられる素晴らしい景観を、「四国八十八景」として選定し、東京オリンピック・パラリンピックに向けてプロモートを実施し、 四国来訪者の増加と地域活性化の実現を図ることを目的としています。」
という、四国八十八景実行委員会が行っているプロジェクトだ。
 星ヶ丘公園も第二期募集に応募したいと頑張っている。何とか選定されて欲しい場所である。
大オニバスの花が咲いている根元のところがピンク色になってきている。
黄色い花が、元気である。
午後になっていたので、花が次第に閉じかけている。
緑の葉っぱのグラデーションが見事である。
広い園内には、彼岸花が咲き始めていた。
手を広げているような花の形態がおもしろい。
オミナエシも今が盛りに咲いている。
秋の風情を感じる光景が広がっている。


2 件のコメント:

  1. 星ヶ丘公園にも秋の気配ですね。南に北に四国西南部を中心によく動いていますね。自分は石鎚の秋を・・・体力温存というか、今は動けずです。それでも徐々に動き始めました。色が鮮やかなのは現像の所為でしょうか?水連の凜とした姿はいつ見てもきれいです。

    返信削除
    返信
    1. 鬼城様 ありがとうございます。
       秋の気配が、漂い始めている星ヶ丘公園でした。管理している男性がしっかりと作業をしているので環境の整った秋の気配です。
       現像の時、ピントの補正(あまり効果がないようにも思うのですが・・)や鮮やかさを少し補正するぐらいで大きくは触ってはいません。
      撮影時に露出をいつもより-0.5増やして-1で撮影しています。
       10/3・4は、内子町の町並観月祭です。どちらかの日に撮影に行こうと思っています。また、10/7・8は、宿毛湾港に海上自衛隊試験艦「あすか」が入港するとうわつさんから連絡をいただきました。8日に出かけようと思っています。

      削除