2017年10月28日土曜日

赤いそばの花

 鬼北町の墓守桜の近くにソバの花が咲いているという情報をいただいたので出かけてみた。所用が続いたのと雨ばかりで出かけるのが遅くなったので、花の具合は悪いだろうと思っていた。
 その場所には紅白のソバの花が咲いていた。白いソバの花は終わっていたが、赤いそばの花は見頃だった。
 咲いている場所は、多分田んぼだったところだと思うのが、どのような構図にしたらいいのか分からないので、とりあえず川とガスが上がっている山を入れて撮影した。
広見川の直ぐ横に植えてある。
花数はたくさんあるが、どのくらい収穫ができるのだろう。
怪しいカメラマンに畑を荒らされてはと、となりの畑の方が出てきた。
雨が上がり、ガスが上がってきた。
なかなか、考えているような構図にならない。
一瞬明るくなるとピンクが綺麗な色になる。

間もなく実を付けるのだろう。
白いソバな花は、しっかり実を付け始めている。


2 件のコメント:

  1. 良い写真ですね。ガスが上がっている様子は面白い。お百姓さんはKさんかな?私もこの蕎麦の時はフルサイズ(滅多の使わない)でした。解像度が違いますね。違いの分かる男になりました。(爆)

    返信削除
    返信
    1. 鬼城様 ありがとうございます。
       先輩方の後追い撮影です。作業をされていたのは、Kさんではないと思います。
       CANON EOS5Dmak3をしっかり使いこなして良い写真を取りましょう。素晴らしいカメラですから・・。
       バタバタしていて撮影に出かけていないので、しばらくブログのアップはできないかもしれません。

      削除