2017年11月13日月曜日

orange & pink

 松山空港では、初めて見るオレンジ色の機材、韓国のLCC「チェジュ航空」である。韓国では、一番大きいLCCと言われているが真偽のほどは分からない。
 就航当日、歓迎の放水を撮りたかったが予定が合わなくて断念した。今回撮影できたのでよかった。
 12時40分頃、管制官に飛行許可の確認を取ったが、定刻12時50分になってもプッシュバックの許可を求めてこない。おかしいなと思ったが出発時間に変更があったのかもしれないと思い待っていた。なかなか動かないので空港事務所に確認したら「計器の調整をしなければいけなくなったので離陸は16時30分の予定です。」とのことであった。きっと私が管制官との無線のやり取りを聞き漏らしたのであろう。
 そこまで待って離陸の撮影をするのが難しいので今回は諦めた。
 
 ピンクの機体は、ピーチアビエーション社の機材である。関西空港までのLCCだ。一度搭乗したが、「あ~っ!」と、いう間に着いてしまう。11月は往復1便しかない。久しぶりの機材なので新鮮である。
B737の機材を使用していた。
機体の横に通常はいないガードマンが立っていたので不思議だとは思ったのだが・・。
機体の周りで人の動く気配がなかったので、コックピット内の計器の調整だったのだろう。
(管制塔の周囲に足場が組まれていた。改修工事が始まるのだろうか。)
A320の機体を久しぶりに見た。
陽炎が立ち機体が揺らいでいる。この時間帯は仕方がない。
好きなカラーリングである。
テークオフである。目立つピンク色である。
行ってらっしゃ~い!!



2 件のコメント:

  1. 笑隆で~す。管制官、美事な着陸許可です。オレンジも珍しいがピーチのピンクも・・・車のデザイン、船のデザイン、列車も・・・形は空力を考えて作っている。さて、色は?視覚に訴え良い感情を呼び起こすためでしょうね。ANAブルーも捨てがたい。(日の丸ひいき)

    返信削除
    返信
    1. 鬼城様 ありがとうございます。
       各社のカラーリングは、見ていて楽しいですね。中部国際空港展望デッキには、セントレアを利用する航空会社のカーラーをまとめたパネルが張ってあります。どの航空会社も「一目見ただけで○○航空」分かるデザインになっていますね。
       写真を写す時には、JALの白い機体が綺麗に映るのですがね。ANAのカラーリングは大好きなのですが、写真に撮ると上手く行かないのです。どうしてですかね~?

      削除