2017年12月12日火曜日

天赦園の紅葉

 天赦園ボランティアスタッフ写真班として、天赦園に出入りさせていただいている。春と秋は、撮影するものが多くて度々訪れて撮影している。
 今年の紅葉は、赤くならないで黄色で止まっている枝が多いように感じる。ここだけではなく、多くの紅葉の名所でも同じような感じである。これは、世界的な温暖化の影響なのかもしれない。
 それでも、そこそこのお客様がいて秋の大名庭園を散策されている。
 こんな近場に紅葉の名所(?)があるのに、市民の皆さんはあまり訪れていない。残念である。
もう少し左に動いてシャッターを切れば良かったが気が弱いので・・・。
秋の一時を楽しんで欲しい。
雨が降っていたのでいい雰囲気になっている。
臥牛石 前後の紅葉はもう少し赤いと良いのだが・・。
「苔の小道」飛び石のある風景
落ち着いた心情になるのは、日本的な風景だからか。
これ以上赤くなることはなかった。
グラディエーションは、綺麗なのだけれど・・。
後ろの竹の間から差す光の玉ボケを意識した。










2 件のコメント:

  1. なるほど!玉惚けが生きていますね。前撮りは写真展のための者でしょうか?最近、和霊神社や八幡様、天赦園など前撮りが増えています。人生の出発、良いですね。

    返信削除
    返信
    1. 鬼城様 ありがとうございます。
       写真展に掲示するために撮影したのではなく、結婚式の前撮りとして撮影したものを掲示してあるようです。(確認はしていませんが。)
       最初にバックの風景を考えて、人物を配置しているそうです。素晴らしい感性だと驚きました。
       プリントアウトしている用紙が阿波和紙で、見事に風景人物を醸し出しています。私も早速ネットで注文して購入しました。いささか、割高ですがどうなるか挑戦してみます。

      削除