2017年12月26日火曜日

三間町冬の風物詩

 今年も三間町中山池周辺のイルミネーションが始まった。
 寒さの苦手な私としてはこの時期の撮影は辛いのだが、今年は天の川が新たに加わったというので「行かずばなるまい。」と出かけてみた。
 最初は、今年から旧三間幼稚園の園庭にある大きなもみの木にイルミネーションをかけてあるというので寄ってみた。ここは、17時30分の点灯なのでブルーモーメントをバックに撮影することができる。(しかし、この日は雲が多かったので上手くいかなかった。)
 中山池に移動するしてみると、底冷えのする寒い夜だったが、駐車場は満車状態。出店も4軒出ていてかなりの見物客が訪れていた。
        <旧三間幼稚園>
1つしかないイルミネーションなので色違いで撮影した。
「もみの木の根は浅いので大きくするのは大変だ。」と聞いたことがある。
<中山池周辺>
多くのカップルが訪れていた。
ブルーのイルミネーションは、夏には九島大橋にかけられる。
「天の川」をイメージしてあるそうだ。
色々なイルミネーションが展示してある。
森の魚を入れてみた。
派手ではないが、手作り感がある。







2 件のコメント:

  1. まさに風物詩、今から15年ほど前から始まったイルミネーション・・・継続は力なりと毎年、ともされています。最近、取りやめになっているところが多いようですが、ここは支援者の理解があるのか続いています。最初の頃は点滅を撮るのに苦労しました。今では三脚が必修であることも分かりました。(爆)

    返信削除
    返信
    1. 鬼城様 ありがとうございます。
       寒いので出不精になっています。私もやっと構図は別にして「滝」や「イルミ」などは、撮影できるようになってきました。
       先輩が、多重露出で撮影していたので今からこれに挑戦しようと思います。マンモスとJRやイルミなどは、いい素材だと教えていただきました。風がない日を見て出かけてみようと思っています。
       本当に写真って奥が深いですね~。

      削除