2018年1月8日月曜日

昨年は14回 Ver.1

 家族や仲間たちの冷たい視線を感じながら空港へ出かけて行った回数である。
 ホームグランドは松山空港であるが、高知龍馬空港・笠岡ふれあい空港・空自築城基地に出向いて行った。
 それぞれの空港には、撮影ポイントが幾つかある。季節によっても離着陸方向が違うので同じ空港でも見せる顔が違う。とても楽しいのである。
 そんな中でも高知龍馬空港がお気に入りなのだけれど、いささか遠いのが難点である。宇和島市から四万十中央ICや須崎中央ICまでが時間がかかる。高知自動車道に乗ればあ~っという間に着くのだけれど・・。
滑走路より一段高い堤防の上から撮影(KCZ)
JALのボンバルQ400型機(MYJ) 
シンプルな白い機体にひかれる。
J-AIRのボンバルディアCRJ200型機(MYJ)
この機材は、今年1月31日で退役をする。
なんと最終便は、松山発伊丹行19時20分発JAL2310便である。

それに先だって昨年12月18日から特別塗装が施されている。
ツツジが咲く頃は、華やかさに包まれる。(MYJ)
エコボンのボンバルQ400型機(MYJ)
地球に優しいエコな飛行機!「Eco」と「Bon Voyage」(フランス語で「よい旅を!」)
をかけてある。
JALは、燃料節約なのかR14(海側)からの離陸が多い。(MYJ)
彩りを与えているのが、Peach AviationのA320型機(MYJ)
昨年撮影した中でも好きな構図である。ただ、陽炎が立って写真を大きくすると機体が滲んでしまう。(KCZ)






2 件のコメント:

  1. 熟知していますね。写真はぶっつけ本番では駄目だとよく分かりました。飛行機となると躍動感が溢れますね。

    返信削除
    返信
    1. 鬼城様 ありがとうございます。
       「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、私には当てはまらないように思います。撮っても撮っても上手くなりません。何とか今年は、良い写真を撮りたいと思っています。(毎年、そう言っているような気がしますが・・。)

      削除