2018年1月10日水曜日

昨年は14回 Ver.2

 ユニークな空港が、岡山県笹岡市にある「笹岡ふれあい空港」である。農道離着陸場として整備された空港である。(昨年11月15日のブログにもアップ)ここは今、大学の航空研究会やTVでおなじみの人力飛行機のテスト飛行場として盛んに使用されている。
 自衛隊基地は、通常で勝手に入ることは許されていない。航空祭や見学のみ入場が許されている。
 今後、築城基地の滑走路は延長工事が行われ、米軍の大型輸送機が離発着できるようにするそうだ。
 「空自はじめ自衛隊の航空機を撮影する」と言うと「右側?」と思われていることがある。まったくそんな思いは持っていない。人間が作り出した物の中で一番美しいものが航空機だと思って撮影しているだけである。
F-2戦闘機 M2で飛行するので速い。(築城基地)
  「洋上迷彩カラーリングは、地上でこそ大変目立つ色合いであるが、
     洋上では大変識別しにくいため、支援戦闘機の主任務である
     対艦攻撃の際にはかなりの効果を挙げると考えられている。」
(ウィキペディアより)
Whisky Papa Competition Aerobatic Team(築城基地)
展示飛行を全て終了して順次着陸してくるブルーインパルス(築城基地)
攻撃用ヘリ「AH-64 アパッチ」(築城基地)
室屋義秀氏操縦のエクストラ 300L(笠岡ふれあい空港)
滑走路上でドリフトをさせる。車と同じように操る。凄い!!(笠岡ふれあい空港)









2 件のコメント:

  1. 撮影も全国展開ですね。自衛隊基地、米軍基地辺りに出没するのではと心配です。🤗🌸🌸 今年も楽しませて下さい。ご機嫌伺いながらですよ。

    返信削除
    返信
    1. 鬼城様 ありがとうございます。
       今年は、ブルーインパルスのベース基地「松島基地」に行きたいと思っています。昨日から訓練が再開されて金華山沖を飛行しているようです。2月に福岡県芦屋基地(第2のベース基地)で展示飛行が行われます。駐車場の確保ができれば撮影に行きたいと思っています。

      削除