2018年1月20日土曜日

雪の如法寺

 「しんしんと降りてくる冬の使者たち。
  醜いものを覆い隠すかのように。
  そこにあるのは、ただただ静寂の世界。」
 
 冬の如法寺の撮影は初めてである。何とも言えない世界が広がっている。
 
着雪するとかなりの重さになるのがよく分かる。
いくつかの足跡があるので撮影に来られていたのだろう。
仏殿前のモミジも雪の中
秋には真っ赤な紅葉を見せてくれていたが白い世界が広がっている。
「行く年来る年」の世界か?
山門から見える参道も冬の使者
仏殿も雪化粧
秋には「赤色と黄色」の絨毯、今は「白色」の絨毯
しかし、春の使者の気配も感じられる。








2 件のコメント:

  1. 寒さも何のその‼️ 意欲の賜物です。いい雰囲気ですね。歴史を感じます。来週がチャンスかも・・・

    返信削除
    返信
    1. 鬼城様 早いレスポンスありがとうございます。
       ここは何とかして欲しいお寺ですね。無住職というのは情けない感じがします。また、大洲市も見て見ぬ振りはどうなのでしょうかね。一個人で解決できる問題ではないと思うのですがね・・・。
       金剛山との違いは何なのでしょうかね。檀家の違いなのでしょうかね。

      削除