2018年4月21日土曜日

フラワーパークおおず

 国立大洲青少年交流の家に隣接していて、交流の家に行く途中を右折して1kmくらい走れば、大洲市観光協会が運営する「フラワーパークおおず」に着く。
 四季を通していろいろな植物を植え見物客の目を楽しませてくれる。
 一昨年のチューリップは、全体の配色が悪くガッカリして帰った記憶があるが、今年は見事な配色で人々を楽しませてくれていた。車で横付けできるので介護施設の車が頻繁にやってきている。

少し高い所から全体を眺めた。確かに今年の配色は良い。
上の道路部分を詰め、ま~るく丘になっている感じを出したが・・。
白いチューリップは、散り始めていた。
ランダムに植えてあるのもなかなか良い感じである。
ピンク色のチューリップに焦点を当て思い切り絞ってみた。
今回も顔出し不可!娘のランだけ!
スギナが、蔓延ってきている。

ネモフィラが植えてあった。
ひたちなか海浜公園にはびっしり植えてあるが・・。
とても可憐な花であるが、イヌノフグリの親分って感じ。





2 件のコメント:

  1. 最近、公園が増えてきましたね。それだけ世間が安定してきたからか?一時のテーマパークと同じなのが気になります。バブルと同じようにはじけたら管理できなくなる。どこかの薔薇園が・・・うたい文句は4月から11月まで楽しめるとありましたが、行ってみると半分ほど駄目になっていました。中山池はしっかり残っていますが、コスモス、チューリップは・・・

    返信削除
    返信
    1. 鬼城様 ありがとうございます。
       そうですね~。いろいろな所に花をテーマにした公園が増えてきていますね。ここいら近辺では、国営讃岐まんのう公園や佐賀県にある吉野ヶ里歴史公園などがありますね。ここは、国のお金が大量に入っているかもしれないので見事な公園いなっていますよね。
       フラワーパークおおずは、観光協会が運営しているので大変なのでしょうね。市長も替わることですから頑張ってやって欲しいですよね。

      削除