2018年4月14日土曜日

山本牧場へ

 最近、マスコミで盛んに取り上げられている場所である。宇和島市内から40分ほどで着く近さなので多くの方が訪れている。案内表示もしっかりしているので道を間違えることはない。最後は、少し細い道を上がるので離合に注意しなければならない。
 今年も弁当をもって出かけた。次から次へと見物客が訪れている。狙いは、芝桜と垂れ桜である。ご夫婦が手塩にかけて育てた芝桜が見事に咲き誇っている。ピンク色の芝桜を見ていると目が痛くなる感じである。総ての春をここに凝縮した感がある。
いつもながら見事な芝桜&垂れ桜である。御夫妻の愛情が表現されている。
目が痛い感じである。

この光景を見たくて多くの見物客が訪れている。
春満開の装いである。
人が多いのでランを抱いておかないといけない。
芝桜の絨毯
今年は、一段とバージョンアップしている感じである。









2 件のコメント:

  1. すっかり、有名になり人が訪れるようになりましたね。また、他の地の芝桜も相乗効果で観客が増えているとか?賑やかなことは良いこと。アクセスと最後の道が整備されないと・・・(汗

    返信削除
    返信
    1. 鬼城様 ありがとうございます。
       そうですね~。マスコミに取材され報道されると「あ~っ」という間に有名になってきますよね。
       しかし、ご夫妻のお世話がこれだけの芝桜畑にしているのだろうと思います。昨年奥様とお話をする機会があったのですが、除草や施肥等々一年間の作業を酪農の合間にやるということは並大抵の努力ではできないと思います。

      削除