2018年5月27日日曜日

伊丹空港 3

 10年前に「伊丹スカイパーク」が完全オープンされた。近畿圏内大都市の中に有りながら面積は、何と9haの巨大公園である。
 入口は、「北エントランス」、「中央エントランス」、「南エントランス」の3箇所がある。
「北エントランス」には、「パークセンター」という建物があり、館内には付近の岩屋遺跡の出土品や神津地区の歴史資料、航空管制レーダー、YS-11のプロペラなどが展示されている。
「中央エントランス」には、岩屋遺跡で発掘された出土品を元に復元された弥生時代の灌漑施設などがある。また、大阪国際空港の飛行機の発着時刻が表示されるプラズマディスプレイがある。
スカイランドHARADAに隣接する位置にある「南エントランス」には、車に乗ったまま飛行機の離着陸が間近で見られる「丘の上駐車場」への入口がある。(ウィキぺディアより)
 この伊丹スカイパークでは、流し撮りの練習を兼ねて撮影をした。
 設定を「シャッタースピード優先」で1/30・1/40・1/60とし連写撮影を行った。また、「AIサーボ」機能を使いピント合わせを行った。
 帰ってチェックして見ると、1/30では10枚の内1枚あるか、1/40では3~4枚、1/60では6~7枚の成功率であった。低速でシャッターを切るとどうしても手ブレを起こしてしまっている。
 これは、実際の飛行機のスピードが早いという意識があり、早くカメラを動かそうという意識が働くからだろうか・・。
1/30  偶然アンチコリジョンライトが点いた一瞬だった。
1/30 後ろの大きな建物はANAの整備場
1/30であるが、着陸でスピードがダウンしたので撮影できた感じである。
1/40 NHK大河ドラマ「西郷どん」の特別塗装機 JAL B767


1/40 後ろのゴチャゴチャが処理される。IBAX CR7
1/40 私にとって一番撮影しやすい機材 J-AIR エンブラエル170(E70)


1/60 SAMURAIBLUE使用の特別塗装機材 JAL B777
B777は、メインギアのタイヤの後方が下がる。
地元カメラマンは、特別塗装機だけを撮影している。

1/60 後ろのボケ方が変わってくる。J-AIR エンブラエル170
1/60 後ろのANA B777よく分かる。J-AIR エンブラエル170
1/60 ANA B767 メインギアのタイヤの前方が下がる。









 

2 件のコメント:

  1. スピード感あふれる写真ですね。被写体の動きと背景を考えながらの撮影、お見事です。エンジンの白煙もすごみが出ています。さすが飛行機専門ですね。

    返信削除
    返信
    1. 鬼城様 ありがとうございます。
       流し撮りは、遅いシャッタースピードなら止める写真が多くなるのですが、1/30だととても難しいです。撮れれば後ろのゴチャゴチャを消すことができるので動きのある写真になるのですが難しいです。
       煙は、タイヤスモークです。天気が良かったので摩擦で上がるスモークが多かったです。

      削除