2018年7月2日月曜日

星ヶ丘公園 1

 平日にここを訪れるのは、ほとんど高齢者(?)である。私もその一人ではあるが・・・。今日も愛南町や高知県内から、そこそこの数の高齢者(?)の皆さんが訪れている。
 ここも「モネの青いスイレン」が有名になってきたが、まだ咲いてはいない。情報によると病気にかかっていて今シーズンは見られないかも・・。
 しかし、この池のスイレンはよく管理されていて、いろいろな色のスイレンがうまく配置されている。それぞれの株を間引きして密集しないように考慮されている。お願いすれば、株をいただけることもある。
オオオニバスの葉っぱも大きくなってきている。
左下のスイレンが、モネのスイレンだと思うのだが・・。
反射させるようにPLフィルターを効かせて撮影した。
今年は、花が大きいように感じる。
珍しく若い女性カメラマンが撮影している。
このスイレンの花が一番大きいし派手である!!
かなり低いポジションから撮影した。年をとるとこの撮影ポジションがキツい~。
本当にカラフルである。
個人的には、白色のスイレンが好きである。
どのスイレン&オオオニバスも栄養状態が良いように思う。
糸トンボが止まっている。映り込みにも映っている。












2 件のコメント:

  1. 写し込みですね。雨の日もよし、晴れの日も・・・山の中の公園、水面の写る木々、空の青さが良いですね。

    返信削除
    返信
    1. 鬼城様 ありがとうございます。
       やはりこの地は、一級品ですよね。それだけの努力をしているということでしょうね。村職員数は多くないでしょうね。しかし、一人一人の意識というものは高く、何としてでもこの地を盛り上げるという気概を感じます。昨年、村の担当者と会長さんが話をされていましたが、前向きで建設的な話でした。
       最近特に認知度が上がってきている感じですね。私にとっては、最高の撮影ポイントです。

      削除